そうなった場合 英語。 簡単そうで難しい英語「as」の意味や使い方を理解しよう。

もしそうならって英語でなんて言うの?

そうなった場合 英語

会話の中で、あるいは文章の中で、 「もしかしたら~かもしれない」 「たぶん~だろう」 「きっと~だろう」 「おそらく~だろう」 などなど・・・ 「確実にそうとは言えないけど、たぶんそうかもしれない。 」といいたい時はよくあります。 「多分~だろう」「多分~かもしれない」を表す言葉として、多くの人が思い浮かべる英単語は、 maybe でしょうか? 確かにそれは正しいですが、いつもいつも「メイビー、メイビー」だけでは、なんだか物足りない? 可能性や推量を表す英語表現は、maybe だけではありません。 「たぶん」「おそらく」「もしかしたら」を表すいろんな種類の言い方を知っておくと、英語での表現も広がります。 また、しっかりと理解しておけば、相手がこのような言い方をしてきた時も、どの程度の確信度合でそう言っているのか、ニュアンスがわかります。 今回は、そうした 「推量」「可能性の度合い」を表す英語表現をまとめます。 これ、エミリーの? A:Yeah, maybe. うん、たぶん。 みたいに使う人は多いと思います。 maybe のように、 文に付けて「たぶん」「もしかしたら」というような意味で使える 副詞は、以下のようなものがあります。 英単語 意味 probably 恐らくそうだろう・その 可能性が高い something is very likely maybe もしかしたらそうかもしれない・その可能性があるかもしれない。 something is not certain この中でも、「 probably は『多分そうだろう』という 可能性が高い」、は確実だと言えます。 maybe, perhaps, possibly は、「 可能性はないわけじゃないけど、わからない」、ととらえるとよいでしょう。 これら3つの単語の境目は わりとあいまいなようで、確率については厳密な違いはないのかもしれません。 文脈や、話す時ならセンテンスの中のイントネーション等で、ニュアンスを読み取ることが必要かも。 単語の 使われ方の違いとしては、 perhaps、possiblyは文頭・文中・文末どこでも使われますが、 maybe は通常、 文頭か文末のみに付きます。 このことについては、 Cambridgeの以下のページが参考になります。 以下に、推量を表す副詞の例文を載せます。 彼は最近手紙をくれないね・・・もしかしたら私の宛先を失くしたのかも。 I thought I saw someone hiding in the bushes — perhaps we should call the police. 彼女は40代じゃないかなぁ・・・たぶん45くらい。 明日の夕方までには仕事を終わらせられるかも・・・。 もしこれ以上割り込み作業がなければ。 彼女は40代じゃないかなぁ・・・もしかして45くらい? 推量の助動詞(will, should, could, may, might) 「たぶん~だろう」「おそらく~かもしれない」と表現する方法が、もう一つあります。 助動詞を使う方法です。 たとえば、 【普通の文(断定)】 It is true. それは本当だ。 【かもしれない(推量・可能性)】 It might be true. それは本当かもしれない。 主語と動詞の間に might が入ると、「かもしれない」というニュアンスを加えることができます。 このように、 推量や可能性を表す助動詞を、以下にまとめます。 英語の助動詞 意味 will 未来または現在について、何らかの判断材料を基に、 ほぼ確かにそうなる(そうである)と推論している。 should 未来または現在について、そうなる(そうである) 可能性が高いと判断している。 could 未来または現在について、 そうなる(そうである)可能性はある。 ただし確かではない) may might 以下に、推量を表す助動詞の例文を載せます。 It could be Tom. 電話が鳴っている。 もしかしてトムかも。 Have you seen it? A:No, but it could be in the car. 「カバンがみつからない。 あなた見なかった?」「いいや、でももしかして、車の中にあるかもしれないよ。 」 They may come by car. 彼らは車で来るかもしれない。 I might go. たぶん行くと思います。 色んな説がありますが、 could, might, may は、厳密には違うのでしょうが、可能性の割合という意味ではハッキリとしたラインはないみたいです。 どれも「可能性はあるけど、それが確実かどうかはわからない」、という感じかと思います。 ネイティブの間でも、どちらの単語がより可能性の高さを示しているか?は、意見が色々あるようです。 これについて興味のある方は、 Cambridgeのウェブサイトの以下の説明を読んでみるとよいです。 また、私が教わった限りだと、日常会話の中では、may はあまり使われないようです。 could か might が一般的なようです。 副詞と助動詞を組み合わせて推量を表す 「たぶん・・・」という推量を表す英語表現として、『副詞』と『助動詞』の二つの方法を紹介しましたが、実はこれらはセットにして使われることも多いです。 これまでに挙げた例文にも、そのような使われ方を発見できると思います。 下にも例を挙げておきます。 彼女はきっとくるだろう。 たぶん行くだろう。 もしかしたら、私の父は彼のことを知っているかもしれない。 あなたは、もしかしたらこれらの2つの岩を登ることができるかもしれない。 I suppose that [ ~(文)] で、「~だと思う。 」「~だと考えられる。 」というセンテンスを作ります。 はっきりとわからないけど、私は本当だと思う。 まとめ 日常のコミュニケーションの中では、必ずしもはっきりと断定できることばかり伝えられるわけではありません。 「たぶん~だと思うけど・・・」「確実とはいえないけど~じゃないかな」と言ったニュアンスで言いたい時も、たくさんあります。 そんな時に、こうした表現のバリエーションを知っておくと、とても使えます。 ただ、英語を学んでいると、「 might と could はどっちの方が確かさの程度が強い?」とか、「 maybe と perhaps と possibly はどっちの方がより確実さが低い?」とか、気にしてしまいがち・・・そして、「どれを使ったらいいわけ~???難しいー!!」ってなってしまうんじゃないでしょうか。 ですが、日常の会話の中では、その使い分けが大きな影響を及ぼすことは、ほぼないと考えてよいでしょう。 そうした細かいところにこだわるよりは、まず 『副詞』と『助動詞』の使い方(文法)をマスターし、自分が使いやすい表現を一つ覚えてしまうとよいと思います。 そしてそれを使ってみる。 後は少しずつ、ネイティブの英語を聞いたり読んだりして、どんな使われ方をしているかを吸収していくといいのかな、と思っています。 英語でこうしたニュアンスを伝えられると、より表現の幅が広がりますね。

次の

英語の勉強法を変えることにしました(1)

そうなった場合 英語

Weblio公式 英会話で自分の見解でない情報や不確かな情報を表現する場合には「伝聞」や「推量」の表現が役立ちます。 伝聞・推量が使いこなせると、表現の幅がぐっと広がります。 伝聞とは、当人ではなく第三者から 伝え 聞くこと。 文章表現としては、話者自身の判断ではなく第三者の見解として叙述することを指します。 一般的には「~だそうだ」のような言い方で表現されます。 推量とは、状況・背景・心中といった確定的でない事柄を 推し 量ること。 文章表現としては、不明確あるいは未確定の状態であることを念頭に置きつつ予想や推察を述べることを指します。 一般的には「~のようだ」というような言い方で表現されます。 伝聞や推量は、「自分の意思を述べる」表現ではなく、むしろ「自分の意思ではないことがらを述べる」際に用いられる表現方法です。 表現の幅がぐっと広がり、より自由に表現豊かに英語を操れるようになります。 英語では伝聞表現は that 節を使った 間接話法で「そう聞いた」「そう言われている」と述べるような形が多く取られます。 推量表現は、そのように見える・感じられるといった(知覚を示す) 動詞で、または、確度を示す 助動詞を使うことで表現する場合が多いと言えます。 I hear that Angie and Tom have got married. I envy them. アンジーとトムが結婚したらしい。 嫉ましい 時制は現在形(hear) が一般的 「~と聞い た」という脈絡を考えると、動詞は過去形か過去完了が適当ではと思われるところですが、伝聞の表現としては普通は現在時制の hear が用いられます。 これは、過去の特定時点で伝え聞い たという認識よりも、そのように伝え聞いて現在に至る(そして現在につながる)というような、(いわば「聞くところによると~である」というような)、「時点」を特定しないニュアンスが含まれていると考えると納得しやすいかもしれません。 特定の時点を想定して「あのときこう伝え聞いた」という意味合いで表現する場合には、完了形で I have heard that ~と表現した方がニュアンス上しっくりきます。 they say that ~ 伝聞内容の伝達した主体を主語に置いて伝聞を表現することもできます。 字面通りには「人が言うには~」という意味合い、日本語になぞらえるなら「~らしい」「~と言われる」のようなニュアンスに当たるでしょう。 ことわざや格言を「ほら~って言うじゃない?」的に述べる場合にも 、この they say ~の表現が使えます。 推量の英語表現 英語の推量表現の多くは、動詞そのものに推量の意味合いを込めて表現されます。 言い換えれば、「~と思われる」「~のように感じられる」という、主観的な知覚を述べる動詞によって表現されます。 主語は必ずしも一人称とは限りません。 むしろ一人称=語り手ではなく、語り手が推量する対象を主語に置いて表現されます。 (自分の事柄について推量する場合は一人称の I を主語に取ることもあります) 英語の推量表現で主に用いられる動詞は seem、look、appear など。 これらの動詞は be動詞と同じ copular verb(連結詞的動詞)とも解釈されます。 be動詞のように扱うと考えると、主語が一人称でないことへの違和感はいくらか薄らぎそうです。 seem、look 、appear などは「 It seems that ~」や「 It looks like ~」のように、it を主語に置いてしまう形も多く取られます。 動詞によって that 、 like 、あるいは as if などの併用される語が微妙に変わってきます。 It seems that ~ の形は、どちらかといえば形式的・文語的なニュアンスがあります。 It seems that seem は「見える」あるいは「見受ける」という意味合いを主とする動詞です。 seem は主観的な判断のニュアンスをいくぶん多く含みます。 とはいえ、look や appear と置き換えても意味が変わらない場合が少なくありません。

次の

「〜がなくなった、きれた」って英語でなんて言う?

そうなった場合 英語

写真=iStock. 日本人は、「あなたはどう思いますか?」と伝えたかったのでしょう。 しかし、その表現は「どのように考えるのか」ではなく、「(どうしてそう考えるの)自分で考えればわかるでしょ?」と、相手を軽蔑するニュアンスになってしまうのです。 「16時に本当に来るんだろうね?」=「必ず来い」といった不信感を含んだ、高圧的な表現になってしまうからです。 なぜなら、これは「お前は誰だ」といった意味になり、実際は警察官が不審者を尋問したりするときにしか使わない表現だからです。 英語の適切な表現方法を覚えるのに、残念ながら早道はありません。 英会話の場数をこなし、どんなシチュエーションに、どんなフレーズが適しているのかを、ケースバイケースで身につけるしかないのです。 とはいえ、「正しい表現をする自信がないから、英語を話すのが怖い」と、黙ってしまっては元も子もありません。 そこで、会話を弾ませる万能ワードを、1つご紹介します。 文頭につける感嘆詞「Oh」です。 That's great. I don't know. さまざまなシーンで役立つ「Oh」を活用してみてください。 英会話で肝心なのは、身振り手振りを交えて、表情豊かに話すこと。 そうすれば、英語の使い方が多少間違っていても、真意は伝わることが多いのです。 ネーティブも、あなたが懸命に話そうとしていれば、熱心に理解しようとします。 細かな言葉遣いは気にせず、ぜひ積極的にスピーキングにトライしましょう。

次の