ルイブライユ について。 「ルイ・ブライユ」の人生とは?点字との関係についても解説

ルイブライユはどんな人?小学生が検索する理由について

ルイブライユ について

ルイ・ブライユの一生は? ルイ・ブライユはどんな一生を過ごしたのでしょうか。 見てみましょう。 1809年ルイ・ブライユ誕生 フランスのパリの近くにある、クーブレ村で元気な男の子が生まれました。 きれいな目をした男の子は「 ルイ・ブライユ」と名付けられます。 3歳の時に左目を失明 ルイ・ブライユのお父さんは職人さんでした。 家の1階で馬の道具やクツを作っていました。 まだ小さかったルイ・ブライユはお父さんの仕事場で遊ぶのが大好きです。 そんなある日、仕事場で遊んでいたルイ・ブライユ少年に恐ろしい事故が! 遊んでいる途中に、なんとお父さんのナイフで自分の目を突き刺してしまったのです!ルイ・ブライユ少年は大けがをしてしまいます。 そして残念なことに左目が見えなくなってしまったのです。 さらに悪いことに、もう一方の目も病気ですぐに見えなくなってしまいました。 こうしてルイ・ブライユ少年は光のない人生を過ごすことになったのです。 12歳の時に点字を勉強する ルイ・ブライユは とても頭のいい子でした。 目は見えませんが、学校で聞いたことをほとんど覚えていたのです。 学年で一番になったこともあります。 でも目が不自由な子が勉強するのは大変でした。 それで10歳の時にもう学校に入ります。 もう学校では12点の点字を勉強しました。 ところが学校で教えられていた点字は、とても分かりにくく、目の見えない人が学んだり書いたりすることは大変でした。 ルイ・ブライユ少年は「とてもふべんだ」と考えるようになりました。 14歳で点字を発明! そこでルイ・ブライユ少年は、新しい点字を作り始めます。 ルイ・ブライユが考えたのは6点式の点字です。 この6点式の点字は今までにないものでした。 今までの点字よりも簡単でした。 また指でさわって分かるので目が見えない人でも読むことが出来ます。 大きさもちょうどよく色んな人が読むことが出来ました。 ルイ・ブライユはこの新しい点字を作るためにいっしょうけんめいでした。 そしてついにたて3点、よこ2点の6点式の点字の発明に成功します。 ルイ・ブライユが14歳の時でした。 ルイ・ブライユの点字はだんだんと受け入れられる ルイ・ブライユの作った点字はすばらしかったのですが、多くの人はそうは考えませんでした。 6点式の点字はなかなか認めてもらえなかったのです。 それでルイ・ブライユは学校の先生となって、自分の作った点字を説明する本を書きます。 それでもこの発明が広く受け入れられるのには時間がかかりました。 43歳の時に病気で亡くなる ブライユは1852年に肺けっかくのため亡くなります。 ルイ・ブライユの死から2年後、フランス政府はルイ・ブライユの点字を認めます。 その後、彼の作った点字は世界中へと広まっていきます。 日本語の点字もルイ・ブライユが作った点字をもとに作られています。 今、目の不自由な多くの人が点字を使えるのは、200年ほど前にルイ・ブライユ少年がいっしょうけんめい点字を発明したからなのです。

次の

ルイ・ブライユの生家:点字の基礎を作った偉人のゆかりの地を訪ねる

ルイブライユ について

今から200年ほど前のフランス。 3歳で視力を失い、15歳の若さで、目が見えない人のための文字「点字」の基礎を発明したルイ・ブライユの伝記。 巻頭には一目で分かる人物ガイド、巻末には偉人がより身近になるとじこみ新聞つき。 カラーイラストも充実。 【低中学年から楽しめる! イラストも充実の読み物伝記】 【低・中学年から楽しく読める伝記シリーズ】 今から200年ほど前のフランス。 3歳のときの事故で視力を失い、15歳の若さで、目が見えない人のための文字「点字」の基礎を発明した、ルイ・ブライユの伝記。 【この本の特長】 子どもたちが、夢中で読めるしかけが満載! 1. カラーイラストがいっぱい! 沢山のカラーイラストが、ルイ・ブライユについて、またルイが生きた時代について理解を深める手助けをします。 ひとめでわかる「人物ガイド」 巻頭に図解ぺージつき。 本文に登場する人物や、当時の時代のようす、点字表、点字の打ち方などの紹介によって、ルイ・ブライユやその背景のイメージがわきます。 ひみつがいっぱいの「ルイ・ブライユ新聞」! ルイ・ブライユがもっと好きになる、情報満載のとじこみ新聞つき。 青山学院大学仏文科卒。 著書に『アインシュタイン』(講談社火の鳥文庫)、訳書に「10歳までに読みたい世界名作」シリーズ『7巻 小公女セーラ』、『20巻 がんくつ王』、『22巻 三銃士』(学研)など多数。 漫画家。 東本昌平氏に師事し漫画を学ぶ。 2008年「FlexComixブラッド」にて『かげおに』でデビュー。 主な作品に『コミック版世界の伝記 ファーブル』『同 円谷英二』(いずれもポプラ社)などがある。 1940年北海道生まれ。 日本点字委員会副会長および学識経験委員。 監修に『コミック版世界の伝記 ルイ・ブライユ』(ポプラ社)、共訳に『ルイ・ブライユの生涯 天才の手法』(日本点字委員会)など。 「学研の幼児ワーク」公式サイトです。 キャンペーンのご案内、ワークの特徴のご紹介、無料お試しダウンロードつきラインナップ一覧、お子さんにぴったりのワーク診断、がんばり賞の賞品紹介、コミュニティサイトへのリンクなど• いま最も読まれている女の子向けの児童書読み物「動物と話せる少女 リリアーネ」の公式ホームページです。 最新刊情報、オリジナルグッズ、イベントの紹介なども!• JS(女子小学生)のためのキャラクター&おしゃれマガジン、キラピチ公式サイト。 最新のファッション、ビューティーなどおしゃれになれちゃう情報がもりだくさん!• キッズネットは、学研が運営する小学生・中学生のためのコンテンツポータルサイトです。 「知る」「調べる」「遊ぶ」「参加する」ことができるたくさんのコンテンツをおとどけします。 Gakken Tech Programは、70年の教育の歴史を持つ学研が取り組む小・中学生向けのプログラミングスクール。 プログラミングはこれからを生きる力です。 学研の図鑑の公式サイト。 幼児、小学生から専門的な図鑑まで、年齢別・目的別のいろいろな図鑑の紹介やキャンペーン情報などを紹介。 学研グループ発行の、調べ学習に役立つ書籍や学校図書館向けのシリーズ本を紹介します。 子供の学びにかかわる先生・司書のみなさんを応援し、より楽しく・実りある調べ学習を支援するサイトです。 ラストに待ち受ける感動、笑い、人生の教訓…。 大人気のショートショートシリーズ 学研の「5分後に意外な結末」シリーズの公式サイトです。

次の

ルイ・ブライユの人生を年表で確認しよう

ルイブライユ について

小学生は情報を外部から取り入れる活発な時期です。 多くのことを脳に取り入れて成長していきます。 最近ではデジタル化が進み、黒板も今やタッチパネルを使用した授業を行っている学校もあるほどです。 デジタル化が進むと当然「検索」という言葉を知ることになります。 インターネットはとても便利なので好奇心旺盛に調べます。 小学生が最も知りたいこと。 その検索結果が、織田信長が1位というから驚き。 日本の代表的な人物だから知りたくもなりますが、教科書に登場するということも関係していると思います。 聖徳太子が3位という結果もあります。 では2位は?ルイ・ブライユという人。 あまり聞いたことがないこの人、なぜ小学生はルイ・ブライユを検索対象にしているのか気になる人も多いです。 ルイ・ブライユ…、ルイ?ブラ??聞いたことがないパラ。 誰パラ? 小学生が知ってるルイ・ブライユについて、どんな人? ルイ・ブライユとはどのような人物なのでしょうか?また、なぜ小学生は検索をしているのでしょうか? ルイ・ブライユを小学生が検索する理由 検索されているのは、Yahoo! やgoogleにある「きっず検索」です。 小学生の調べものなど、教育や学習を扱っている安全な検索サイトになります。 実際現場でも使用されているとのこと。 ルイ・ブライユさんを検索しているのは、どうやら小学4年生が多いと判明しました。 ここに秘密がありそうです。 現在の国語教育は、物語、説明文、作文、詩に分かれていますが、ハンディキャップを持った人を理解する心を育てるという教育意図があるため、説明文で手と心で読むという教材が小学校4年生を対象に扱われています。 実は、この中に「ルイ・ブライユ」という人物が描かれているのです。 「点字を考えたルイ=ブライユについて調べよう!」という項目があるため、是が非でも調べてしまうのです。 その結果、検索数が伸びていました。 つまり、授業の一貫で使用されていたため「ルイ・ブライユ」の検索数が第2位になっていたということです。 ハンディキャップの人のために点字を開発したルイ・ブライユさんはすごい発明をしました。 スポンサード リンク ルイ・ブライユの人物像、点字を作った歴史 日本の点字開発者は石川倉治と言う人です。 しかし、ここで疑問が出てきます。 なぜ日本人ではなく外国人の名前が検索に上がっているのか?ということ。 ルイ・ブライユの人物像を見てみましょう。 ルイ・ブライユさんは3歳で失明しました。 パリの盲学校で学んでいたときに、凸字の本に触れて指先でわかることに感激していましたが、徐々にその不便さを感じ、他に何か良い方法はないかと考えていました。 そんな時にシャルル・バルビエという人が作った12点で構成された点字に出会うのです。 しかし大きすぎてよくわからない。 何とか読みやすく分かりやすい点字ができないものかと研究を続けました。 その後、1825年に6点点字を完成させます。 それは規則的に構成され、すべてのアルファベットを表現できたり様々な記号を書き表すことが可能な63個の点字を作りました。 石川倉治の人物像 石川倉治さんは、明治20年頃、アメリカ、イギリス、フランスなどではいろいろなタイプの点字が使用されていました。 日本でもその情報を入手します。 アルファベットに対応している点字を日本語でわかりやすく表せないかと研究が進められていました。 1890年(明治23年)11月1日、研究を重ねていった結果、石川倉治さんが考案した点字配列が採用されることに決まりました。 まとめ 教科書に出てくるルイ・ブライユが最初に点字を考えた 要するに、石川倉治さんではなく、ルイ・ブライユさんの方が多く検索されたのは、最初に点字を開発した人だったからです。

次の