知らなくていいコト ドラマ レビュー。 知らなくていいコトのコーヒーメーカーの値段は?おすすめの通販をご紹介!

知らなくていいコトのコーヒーメーカーの値段は?おすすめの通販をご紹介!

知らなくていいコト ドラマ レビュー

人気ライターが放送されたばかりのドラマを徹底解説。 ドラマが支持される理由や人気の裏側を考察し、紹介します。 今回ご紹介するのは、「知らなくていいコト」第9話。 吉高由里子さん演じる真壁ケイトと距離を縮めつつあるのは、妻子ある尾高由一郎(柄本佑)。 ケイトは尾高を選ぶのか?気になるその展開は……。 記事末尾でコメント欄オープン中です!• 前回はこちら: 3月4日に、吉高由里子主演「知らなくていいコト」(日本テレビ、水曜夜10時)の第9話が放送された。 家族よりもケイトのために生きる尾高の選択 人とすれ違うと、今でも「刺される!? 」とあの日の惨劇がフラッシュバックする真壁ケイト(吉高由里子)。 背中の痛みがまだ残る尾高由一郎(柄本佑)。 皮肉にも、癒えない傷が疼く度、おたがいの顔が脳裏に浮かんで、2人の距離はますます近付いていく。 尾高はマスコミの包囲網に悩む乃十阿徹(小林薫・過去の大量殺人事件の犯人とされているケイトの父親)を匿った。 尾高のスタジオに身を寄せたということは、乃十阿の中でケイトとの接触は想定内ということ。 尾高は常に「ケイトのために」を念頭に置いて行動する。 車に離婚届を忍ばせる尾高。 もう、彼は心を決めているようだ。 尾高「俺たちのこと、ちゃんと話そう」 ケイト 「うん」 「両立なんてできない」と自覚する尾高は、妻と子ではなくケイトを選ぶつもりだ。 子どものために人生を捨てた乃十阿、妻子よりケイトを選ぼうとする尾高 ケイトは尾高のスタジオで乃十阿と会った。 再び顔を合わせた父は、物静かで礼儀正しい男だった。 ホースで水をかけてきた以前の粗暴な態度は、本来の乃十阿ではない。 殺人の前科を持つ自分に近付いてはいけない。 娘を思う親心が理由だったと、今の誠実な姿を見ればわかる。 乃十阿の元弁護士・高村(平田満)がケイトと尾高を呼び出した。 高村はケイトに告げた。 「あなたは殺人犯の娘ではない可能性もある」 30年前、当時3歳だった乃十阿の息子はハーブティを作る母のため、水に草を入れる手伝いをよくしていた。 乃十阿が起こしたとされる事件は、ハリヒメソウという毒草が飲料タンクに入ったことで起きた無差別殺人だ。 「水に草を入れることは良いことだと思っていた3歳の子どもがキャンプ場の飲料タンクにハリヒメソウを入れたとしたら……。 私はそのように想像しました」(高村) 何も知らない息子を庇い、乃十阿は罪をかぶった。 これが高村の推測である。 乃十阿が服役した25年という年月は長い。 空白の期間がある乃十阿は、コンビニのサンドイッチの封を開ける方法さえ知らなかった。 息子の未来を守るため、乃十阿は自分の人生を犠牲にした。 一方、妻と幼い子と離れ、ケイトとやり直そうとする尾高。 誠実な乃十阿と、自分が愛する尾高。 2人の選択はあまりに対照的だ。 乃十阿の父性愛を知ったケイトは、妻子を捨てようとしている尾高を選べるのだろうか? 母・杏南からケイトに不幸は連鎖する? 逮捕された乃十阿は、妻と離婚することを望んだ。 憔悴しきった妻は、戸惑いつつその申し出をすぐに承諾した。 次回予告(今夜放送最終話)を観ると、乃十阿の本妻だった女性の素性を同僚の小野寺明人(今井隆文)が報告している。 「当時、乃十阿の奥さんは『夫の愛人には子どもまでいるようだ。 頭がおかしくなる』と言っていたみたいです」 乃十阿と関係を持った杏南(秋吉久美子)と娘のケイトの存在が、乃十阿の妻の人生を狂わせようとしていた。 加えて、次回予告でケイトは「殺人事件に私が関係していた……」と涙を流している。 つまり、こういう予想が立つのだ。 乃十阿の妻は病み、杏南を陥れるため毒草を入手した。 それを息子がタンクに投入してしまった。 乃十阿と杏南の不倫が本妻を壊したせいで、30年前の事件は発生してしまった。 ケイトの「殺人事件に私が関係していた」というセリフが、この事実と繋がってくる。 ケイトと尾高の関係は不倫であり、略奪愛だ。 2人の恋は杏南からケイトに不幸を連鎖させるかもしれない。 尾高は最終話でケイトに結婚を申し込む。 でも、2人は結ばれない気がする。 泥酔状態でケイトの部屋を訪ねた野中春樹(重岡大毅)。 彼が「幸せになりたい」と泣いたとき、ケイトは「幸せって手に入らないから幸せなんじゃないの?」と返答をした。 妙に心に残る一言だったのだ。 知らなくていいコトを記事にするのか 7話で、入院中の尾高をお見舞いしていた妻のみほ(原史奈)。 赤ちゃんを抱いて病室から出てきた彼女は柔和な表情をしていた。 恐らく、彼女は夫の不倫に気付いていない。 次回予告によると、乃十阿の息子はドイツにいるようだ。 日本の狂騒から離れ生活する彼は、父が自分の罪を被った事実を知らないはずだ。 死の間際まで杏南が隠していたケイトの出生の秘密も、乃十阿が口を閉ざし続ける事件の真相も、どれも知らなくていいコトである。 しかし、そんな知らなくていいコトを世に知らしめるのが週刊誌記者という職業だ。 今夜の最終話で、編集長・岩谷進(佐々木蔵之介)は事件の真相に関する記事を書くよう嫌がるケイトに強いる模様。 ケイトと乃十阿、その周辺にいる大勢の人生を壊すかもしれない事実についてである。 真相を知りたがる人ばかりなのに、知らないほうがいい事実もある。 もしケイトがこの記事を書けば、乃十阿が背負った30年間は全く無意味なものになる。 「知らなくていいコト」 日本テレビ系 水曜よる10時 脚本:大石静 主題歌:flumpool「素晴らしき嘘」(A-Sketch) 音楽:平野義久 出演:吉高由里子ほか•

次の

salesandmarketingdailyadvisor.blr.com: ドラマ「知らなくていいコト」オリジナル・サウンドトラック: 音楽

知らなくていいコト ドラマ レビュー

「予約商品の価格保証」では、お客様が対象商品を予約注文した時点から発送手続きに入る時点、または発売日のいずれか早い時点までの期間中のAmazon. jp のサイト上で表示される最低販売価格が、お支払いいただく金額となります。 予約商品の価格保証について詳しくはヘルプページをご覧ください。 細則もこちらからご覧いただけます• SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥4000OFF。 詳しくは をご確認ください。 販売元: Amazon. 細則もこちらからご覧いただけます 両方ともカートに入れる• SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥2500OFF。 詳しくは をご確認ください。 販売元: Amazon. 細則もこちらからご覧いただけます 両方ともカートに入れる• : 対象商品の予約注文は「お急ぎ便」がどなたでも無料となります。 「お急ぎ便」を使っていち早く商品をゲット。 【イントロダクション】 信じられないスクープは、 私自身のことでした。 壮絶な職場で日々スクープを狙う 女記者・真壁ケイトは自信家ながらも 母譲りの人ウケのよさと人懐っこさで 仕事も恋も絶好調の毎日を送っていた。 そんなある日……。 シングルマザーとしてケイトを育て上げた母が急死。 母は最期に言い残した。 なんとケイトの父親は、かつて世間を騒がせた殺人犯だった……。 ケイトが出生の謎と父の秘密に迫る時、 そこには人生最大の『知らなくていいコト』が隠されていた……! 「週刊イースト」の女記者・真壁ケイトは仕事に恋に充実した日々を送っていた。 全10話を収録。 最終話、ハッピーエンドを祈りましたが、切ない余韻の残る終わり方に、リアルタイムで視聴した時は胸が痛みましたが、繰り返して見るうちに、これでいい!この終わり方がいい!と感じるようになりました。 一言多い、と尾高に指摘されるケイトの取材姿勢は、しかし、表現を変えれば、真実を追及する力強さでもあり、尾高も本当はそこを愛しているのですね。 自らの父の真実を書き綴るケイトの、泣いたり書いたり泣いたり書いたり、という台詞は胸に迫るものでした。 尾高が息子を育て上げ、息子も自立していく頃、ケイトと尾高の真のラブストーリーが始まるのかも。 いや、始まってほしい! 大石静さん脚本のドラマの中では最も好きです。 吉高由里子さん柄本佑さんの熱演もさることながら、佐々木蔵之介さん、重岡大毅さんの演技もすばらしかったです。

次の

「知らなくていいコト」9話 ケイトを選ぶつもりの尾高。不倫の恋が不幸を連鎖させる?今夜最終回【2020年冬ドラマ考察】

知らなくていいコト ドラマ レビュー

ドラマ「知らなくていいコト」10話(最終回) あらすじ 30年前、乃十阿(小林薫)が幼い息子をかばって罪をかぶった可能性を聞いたケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていた。 ケイトの暴走を知った尾高(柄本佑)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとするが……。 ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているような尾高に複雑な思いを抱く……。 そんな中、帰国したケイトを待っていた岩谷(佐々木蔵之介)は、再び事件の真相についての手記を書くようケイトに迫る。 乃十阿が人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を発表することに抵抗するケイトだが、岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部の選抜メンバーで30年前の事件の裏取りに動き出す! 自分抜きで進む事件の真相解明を複雑な思いで見るケイトだが……。 数日後、会議室に呼ばれたケイトは、新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在も事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞く……!その頃、会社を休み続けている野中(重岡大毅)は、孤独の中で、ある決断をしようとしていた。 記者として人として記事を書くことに揺れるケイトはその夜、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれる……。 先の見えない二人の関係に意外な結末が待っていた。 そして、乃十阿の事件の先にケイトが見つけたある答えとは……。 ntv. 一緒にキャンプに行った家族から当時の写真を入手した。 写真の後方にはウォーターサーバーに草を入れる乃十阿の息子が写っていた。 弁護士の仮説を裏付ける証拠になる。 さらに乃十阿徹(小林薫)の奥さんが乃十阿とケイトの母・真壁杏南(秋吉久美子)との不倫に苦しんでいたという情報も得た。 不倫相手との間に子どもが出来たと知った乃十阿の嫁は情緒不安定に陥っていた。 それでも乃十阿の嫁は夫婦関係を修復させようとキャンプを計画した。 母と自分もあの事件と無関係ではないと知ったケイトはますます記事を発表することに抵抗を覚える。 話があるとケイトを呼び出した尾高(柄本佑)。 尾高はケイトに乃十阿が無実だという記事を書くべきだという。 ケイトはいまだに悩んでいる。 ドイツにいた乃十阿は何も知らない。 それでも真実を書くべきだという尾高。 ケイトは自分と違って才能がある。 命を削って真実を書くべきだ。 熱弁する尾高。 「ケイトには誰にも書けない記事書いて欲しい」 乃十阿だって初めは傷つくかもしれないが、いずれは娘の手で無実を証明されたことを喜ぶはずだ。 「俺はそういう命削って真実に向き合っているそういうケイトが好きなんだ。 結婚しよう。 ケイトがいないともう辛い。 ケイトもそうだと思いたい」 尾高は離婚を承知してもらったという。 あとは離婚届けを出すだけで今は子どものことで話し合っているらしい。 「尾高さんが好き。 死ぬほど好き。 尾高さんが欲しい。 全部欲しい。 一緒に生きていきたい」 しかし離婚しないで欲しいと言うケイト。 尾高には子どもを捨てて欲しくない。 尾高が乃十阿が息子を庇ったことに共感していたことにケイトは気づいていた。 「親としての心を失った尾高さんは嫌なの。 好きだけど、そんな尾高さん嫌いなの。 受け入れられない。 尾高さんから言われた言葉胸に刻んで記事書くね」 そう行って去ろうとするケイトを後ろからハグする尾高。 「なあ。 俺と一緒になってくれよ。 二回も俺のことフるなよケイト」 そして尾高は強引にキスする。 今までの尾高とのラブラブシーンを思い出し泣きながら記事を書くケイト。 尾高は帰宅。 家には赤ちゃんが置き去りにされていた。 妻が子供を置いて出て行ったのだ。 離婚届けも置かれていた。 親権者の欄には尾高の名前が書かれていた。 ケイトの記事が出来上がった。 そこに野中(重岡大毅)がやってきた。 編集長に退職届けを差し出す野中。 そんで大声で 「みなさん!真相スクープに真壁さんを売ったのは僕です!」 と告白w 「無実だったんだ。 大スクープだ」 ケイトが殺人犯の子供ではないことを知った野中はパニック。 「じゃあ、なんで俺たち別れたんですか?」 「ケイトにはもう尾高がいる。 お前と別れて大正解だ」 「僕は小説家になりますので!!!真壁さんのアドバイスで!!!」 捨てセリフを吐いて強制退場させられた野中www 結局、社長の指示で乃十阿の記事は掲載されないことになった。 必死で記事を書いた一週間なんだったんだろう? 「私たちもどる?子ども一緒に育てよっか?」 「そういうケイト好きじゃないね。 ほんとタイミング悪いよね俺たち」 ケイトは乃十阿に記事を読ませにいく。 【最後まで乃十阿は真壁ケイトを娘だと認めなかった。 本妻の息子の罪を被り学者としての将来も人生も捨てて息子を守り、その後、乃十阿はケイトがどんなに聞いてもケイトを自分の子だと認めなかった。 認めなかったことで乃十阿はケイトを守ったと言える。 この世には知らなくていいコトがある。 乃十阿はそう考えているに違いない】 乃十阿は記事を読んでも何も言わない。 記事を突き返す乃十阿。 ケイトは記事を燃やす。 2023年4月。 週刊イーストは黒川が編集長になり、岩谷は局長になった。 ケイトはデスクに昇進。 このメンバーでフツーのお仕事ドラマが見たかったな。 父親が30年前に起こった連続殺人事件の犯人ってところが「テセウスの船」と設定が似ていますが、あの超絶ファンタジードラマより現実味のない話だと思った。 世間を賑わすような殺人犯が30年で出所できたことや出所後に本名で自転車屋を経営してるところとかなかなか非現実的。 お偉いさんの罪を被っての冤罪とかだったら現在の生活も理解できたんだけどね。 ケイトと尾高の不倫の件 不倫って当人たちにしか分からないことだと思うんですよね。 私は普段、現実の人たちが不倫をしていても叩いたり憶測でものを言ったりしないんですが、これはドラマなので言わせてもらう。 初めて柄本佑にトキめいた。 しかし6話の濃厚キッスから私の中での尾高の評価はだだ下がり。 結局は目先の誘惑に勝てなかった男なんだなーって😩 「元カノが忘れられないから離婚して欲しい」「子どもの面倒見てくれ」って奥さんが可哀想すぎる。 そりゃあケイトも「そんな尾高さん嫌い」ってなるわな。 しかしそんな奥さんも赤ちゃんを置き去りにするのはどうかしてるw 尾高の帰宅が遅かったら赤ちゃん死んでるでしょ。 赤ちゃんが1番かわいそう。 んで、ケイトもケイトで「私たちもどる?子ども一緒に育てよっか?」ってw でもまあ、これは尾高が離婚してシンファザになったので言えた言葉なわけで、嫁に子どもを押しつけてケイトと再婚しようとしていた尾高よりかはマシな発言だとは思います。 そんな感じで結局は結ばれなかった2人。 こっちについてはなかなか現実的だったんじゃないかと思う。

次の