あいみょん どんな未来も。 ハルノヒの歌詞

あいみょんが尾崎豊に感銘を受けた部分は?好きな曲も合わせて紹介!

あいみょん どんな未来も

野原家のホームタウンである 「春日部」から取られている。 そうです。 この楽曲名が歌詞の内容と 関与性を更に深堀りしていきましょう。 映画「クレヨンしんちゃん」主題歌! 本楽曲は「映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~」の主題歌として書き下ろされた楽曲です。 あいみょんは主題歌について 小さい頃から大好きだった。 と、言いますととてもありきたりだとは思うのですが、その大好きな想いを私なりに楽曲でどうにか伝えられたらな。 と心から思い、今回のテーマが「家族の愛」と聞いて、野原一家の誕生の物語を楽曲で描けたら!と考えました。 とコメントしています。 そうです。 あいみょんは シンガーソングライターで一番 と宣言するほどのしんちゃん好きなのです。 クレヨンしんちゃんの作品を通じて 家族の繋ぐ糸の強さや幸せ を学んでいるとのこと。 そんなあいみょんが書き下ろす 「ハルノヒ」 これだけのかなりの熱量が 込められていることが予測されます。 歌詞の冒頭も 「北千住駅のプラットホーム」 という、ひろしがみさりに告白した場所が描かれている等、細かい情景がクレヨンしんちゃんに寄り添って綴られているのです。 続いてMV解説に移ります。 MVの意味・解釈 MVの監督は山田智和が担当。 あいみょんの人気曲 も、同監督が手掛けています。 MVの撮影舞台は静岡。 伊豆半島や大根島で行われている。 視聴するこちらまで自然を感じるほどの一体感が特徴的ですね。 夕陽や雨雲、風までもが原始的背景を生み出す素材になっています。 本MVについてあいみょんは 山あり谷あり、風あり嵐あり、の人生こそ幸せなのかなぁ。 と、撮影している中で、ふと考えていました。 とコメントしています。 MVだけでグッとくる本楽曲ですが 歌詞も胸を貫いていくほどの 感動を感じること間違いなしです。 では、本題の歌詞に迫っていきます。 歌詞 北千住駅のプラットホーム 銀色の改札 思い出話と 想い出ふかし 腰掛けたベンチで 僕らは何も見えない 未来を誓い合った 寒さにこらえた木々と猫が まるで僕らのことで 蕾を咲かせようと実を揺らしてる 素敵に笑っている 焦らないでいい いつか花束になっておくれよ それまで待っていてね これからの展開をふたりで 飽きるまで過ごして見るからね 最低限の愛を伝えながら どんな未来が こちらを覗いてるかな 君の強さと僕の弱さをわけ合えば どんな凄いことが起きるかな? ほら もうこんなにも幸せ いつかはひとり いつかはふたり 大切を増やしていこう 北千住駅をフワっと歩く 藍色のスカート いつになく遠く 遠くに見える 加速する足音 素直じゃないと いけないような気がしたよ 優しさに甘えすぎて 怯えすぎた男の背中に 掌を添えてくれるのはもう 前を歩く君じゃなきゃダメだから どうか未来が こちらに手を振ってほしい 日々の辛さと僕の体が だらしなく帰る場所を探し続けている ほら もうこんなにも夕焼け いつかの灯り思い出すとき 大切に気づくのでしょう 焦らないでいい いつか花束になっておくれよ 僕らは何も見えない 未来を誓い合った どんな未来が こちらを覗いてるかな 君の強さと僕の弱さをわけ合えば どんな凄いことが起きるかな? ほら もうこんなにも幸せ いつかはひとり いつかはふたり いや もっともっと 大切を増やしていこう? 住み慣れた駅のプラットホーム 水色に挨拶 「お帰りなさい」と 小さく揺れる影を踏む幸せ スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 北千住駅のプラットホーム 銀色の改札 思い出話と 想い出ふかし 腰掛けたベンチで 僕らは何も見えない 未来を誓い合った 前提ですが本楽曲は、 ひろしがみさえにプロポーズしたときの心情や景色が繊細に描かれている楽曲です。 北千住駅のプラットホーム は、プロポーズをした思い出の場所。 改札口でみさえを待ち続け、深い想いを伝え、まだ見ぬ未来を語り合ったのです。 寒さにこらえた木々と猫が まるで僕らのことで 蕾を咲かせようと実を揺らしてる 素敵に笑っている プロポーズをする直前の情景。 この歌詞には 「蕾」や 「花束」 といった表現が多く出てきます。 これが何を比喩しているのかを捉えていく事で、ひろしが抱える情景に近づくことができるのです。 ここの歌詞の表現から言うと 今のひろしとみさえは 「蕾」のようですね。 何を表現しているのでしょうか。 焦らないでいい いつか花束になっておくれよ 花束になって欲しいという願い。 ここで本楽曲における 「花束」について徹底解釈していきたいと思います。 花束は、プロポーズを連想させる物で本楽曲の情景にピッタリなのですが、実はそれだけではありません。 愛の象徴、幸せの象徴 とも言われます。 ひろしが想う幸せとはなんでしょうか? それはズバリしんのすけ、ひまわりも含めた 『未来にある家庭』 のことではないでしょうか。 ひろし、みさえ、しんのすけ、ひまわりの一人一人を 「花」として捉えると、それを合わせた家族こそが 「花束」であると考えることが出来ます。 そうすると 「家族愛」というテーマともマッチしてくるのです。 それまで待っていてね これからの展開をふたりで 飽きるまで過ごして見るからね 最低限の愛を伝えながら 上の解釈の続きで進めていくと 「それまで待っていてね」 というのは後に生まれるしんのすけ、ひまわりに対する言葉であると推測されます。 サビ1 どんな未来が こちらを覗いてるかな 君の強さと僕の弱さをわけ合えば どんな凄いことが起きるかな? ほら もうこんなにも幸せ いつかはひとり いつかはふたり 大切を増やしていこう みさえとの未来に妄想を膨らませる。 頭で考えるだけで感じれるほどの 「幸せ」をひろしは感じているのです。 そしてその想いを胸に プロポーズを決行しています。 いつかはひとり いつかはふたり 大切を増やしていこう というのはまさに、 しんのすけ ひまわりを指しています。 大切なものを一つ一つ増やしていく これこそ結婚後の一番の幸せですよね。 スポンサーリンク 2番 北千住駅をフワっと歩く 藍色のスカート いつになく遠く 遠くに見える 加速する足音 素直じゃないと いけないような気がしたよ ここからはプロポーズ後の情景。 藍色のスカートの女性=みさえ どんなに愛情の強い二人でも、 喧嘩をすることだってあります。 加速する足音、遠くに見える というのは、みさえが機嫌を損ねてひろしから離れていっているさまを表すのでしょう。 優しさに甘えすぎて 怯えすぎた男の背中に 掌を添えてくれるのはもう 前を歩く君じゃなきゃダメだから 失って気づくという言葉がありますが、 まさにそれに当たる心情を表しています。 男と言うのは家族でいう大黒柱であり、常に大きくてたくましい背中を家族に見せなければなりません。 しかし男と言えど、本当は強いわけではないのです。 守りたい家族がいるからこそ強くなれるのです。 だから、みさえが添えてくれる掌が必要。 ちょっと強気な君のおかげで、 弱い自分が強くなれる と、みさえを失ったひろしは 再認識しているのです。 今のひろしは、みさえと喧嘩して、仕事でも上手く言っていないのかも知れません。 仕事が終わってへとへとになった帰り道で、帰る場所と待ってくれている家族を渇望しているのでしょう。 ここで出てくる「夕焼けの灯りを思い出す」というのはアニメ上のプロポーズシーンの情景のことを言っているのでしょう。 3番 焦らないでいい いつか花束になっておくれよ 僕らは何も見えない 未来を誓い合った 見えない未来に焦ることはない。 しかし 「花束」と言えるような素敵な家庭をひろしは心から願っているのです。 未来を誓い合ったみさえを幸せにするためにも。 スポンサーリンク ラストサビ どんな未来が こちらを覗いてるかな 君の強さと僕の弱さをわけ合えば どんな凄いことが起きるかな? ほら もうこんなにも幸せ いつかはひとり いつかはふたり いや もっともっと 大切を増やしていこう? サビ1と同じであるため解釈は割愛致します。 住み慣れた駅のプラットホーム 水色に挨拶 「お帰りなさい」と 小さく揺れる影を踏む幸せ 住み慣れた駅 という表現から 結婚後の情景であることが分かります。 「お帰りなさい」 と言える距離にみさえがいる幸せ、何気ない家庭が存在する幸せを噛みしめているのでしょう。 感想 ひろしの優しさや、みさえに対する大きな愛情に心温まる歌詞だったと思います。 ふたりの情景を想像しつつ歌詞を読み解いていくと、歌を聴くだけで感動して、涙を流してしまいそうになります。 野原家のホームタウン「春日部」 が元になった「ハルノヒ」 映画クレヨンしんちゃんの主題歌として 最高峰の出来になっていましたね。 本当に心が温まりました。

次の

ハルノヒ あいみょん 歌詞情報

あいみょん どんな未来も

更にもしかしたら、曲タイトル名や歌詞の意味をあまり覚えていない可能性もありそうです。 本人が一生懸命、作詞作曲したのにどういうこと?と思ってしまいますが、シンガーソングライターとして精力的に活動して他の曲を生み出すことなどにも一杯一杯だったのかもしれません。 【裸の心】がシングルとして発売される日が2020年6月17日と約3年くらいたっており、あいみょんさん自身も 〝いつかいつか、と思っていた楽曲。 ようやく聴いてもらえる日が来ました〟とコメントしています。 【裸の心】曲誕生の背景は? あいみょんさんが、【裸の心】を誕生させたのが2017年といっておりますが、その頃の彼女は他の 恋愛系の楽曲をリリースさせたことでも知られています。 スポンサーリンク 【裸の心】のタイトルの意味は? あいみょんさんの【裸の心】の曲のニュアンスとしては一途に思いを寄せ続ける 『片思い中の女性の気持ち』を歌ったものではないかと推測します。 一般的に 『裸』の意味は〝覆いや飾りがなく、むき出しであること〟〝包み隠しのないこと〟を表しますが、今回は 『偽りのない 純真な心』 ピュアな心 と直訳させていただきました。 好きなあの人に対して 『ピュアな心』を抱いている女性が現実、叶わない恋を夢見て 『苦しい』『切ない』思いをしている場面が曲では描かれていますが、その 『ピュアな心』を受け止めて前に進んでいこうという 明るいメッセージも込められているのが特徴的です。 スポンサーリンク 【裸の心】の全歌詞の意味を考察! あいみょんさんの【裸の心】の 全歌詞に合わせて、当時の彼女の心境を思い描きながら 歌詞の意味を考察していきたいと思います。 一体このままいつまで ひとりでいるつもりだろう 心の中がモヤモヤした状態で、何も解決できない私はあとどれくらい 孤独を感じ続けなければいけないのだろうか? だんだん自分を憎んだり 誰かを羨んだり 心が沈んだ状態で今までと何も変わらない自分に対して自己嫌悪に陥ってしまったり 自分と誰かを比較してしまって、他人を羨んでしまうような自分が心の中にいる いつかいつかと 言い聞かせながら今日まで いつか変わらないと いつか今の自分を変えないと 自分の心に言い聞かせながら、今日まで過ごしてきた たくさん愛してきた そして今も あの人をずっと一途に思い続けてきた そして今もその思いは変わらない *サビ1 この恋が実りますように 少しだけ 少しだけ そう思わせて 『あの人との恋が実りますように…』願いを込めて 今、少しだけ せめて今この瞬間だけでも 今までの苦しいだけの片思いがなくなるよう、私にイメージさせて 今 私 恋をしている 裸の心抱えて そうだよ、私は、今あの人に対して思いを寄せている ピュアな気持ちを感じながら バイバイ愛しの思い出と 私の夢見がちな憧れ さようなら、過去の愛おしい『あの思い出』や 『私の夢に描いたような憧れのストーリー』 とはもうお別れ 優しくなれたよ少しね 強くもなれたみたい そのおかげで自分や周囲に対して以前よりも優しくなれたよ 少しのことで折れない強い心を持つことができたよ どんな未来も 受け止めてきたの今まで これから私にどんな未来が待ち受けてこいようと 私は今まで生きていた中で、起こった出来事全てを受け止めてきた たくさんの夜を超えた そして今も 『悲しみ』『切なさ』『期待』など様々な心境を抱えながら、今までの夜を過ごしてきた そして今もその心境は変わらない *サビ2 この恋の行く先なんて わからない わからない ただ思いを 『あの人との恋』は〝実るのだろうか?〟それとも〝終わってしまうのだろうか〟 未来はどうなってしまうのかはわからない 今の私にはわからない ただただあの人に対して思いを寄せているだけの自分がいる 今 私 伝えに行くから 裸の心受け止めて そうよ、私はあの人に今、この気持ちを伝えにいくの… あの人に対して 私のこのピュアな気持ちをどうか聞いて下さい *サビ3 恋なんてしなきゃよかったと あの時も あの夜も 思っていたの こんな苦しいだけの片思いなんてなんでしてしまったのだろう… 過去のあの瞬間 そして悩み続けたあの日の夜も 感じていた自分がいる 今 私 また恋をしている 裸の心 震わせて 今まさにこの瞬間、またあの人に恋心を抱いてしまっている自分がいる 私の『ピュアな心』が揺れ動きながら… *サビ1 この恋が実りますように 少しだけ 少しだけ そう思わせて 『あの人との恋が実りますように…』願いを込めて 今、少しだけ せめて今この瞬間だけでも 今までの苦しいだけの片思いがなくなるよう、私にイメージさせて 今 私 恋をしている 裸の心抱えて そうだよ、私は、今あの人に対して思いを寄せている ピュアな気持ちを感じながら.

次の

新・淡麗グリーンラベル CMソングってどんな歌?なんであいみょんが出演?

あいみょん どんな未来も

カテゴリ• はじめに 『ハルノヒ』とは2019年4月2日にネット上で公開された楽曲です。 「映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~」 主題歌 となり今や大人気となったナンバーです。 動画再生回数は僅か数時間で10万を超える驚異的な伸びを見せています。 あいみょんさん自身が「クレヨンしんちゃん」の大ファンであり今回の 歌詞にはいつも以上に力が入っているように感じられます。 歌詞全体の内容とご本人のコメントから今作がクレヨンしんちゃんに登 場する野原ひろしの視点で書かれていることを理解できます。 彼が現在の妻であるみさえにプロポーズした場所である「北千住駅」も 歌詞の中で登場してくる点を踏まえると、ひろしの妻と家族を思う歌と 言えるでしょう。 と、ここまでは筆者独自の考えも多分に含まれているのですが、あいみょ んさんの公式サイトから今作誕生までの意気込みと感想を見てみたいと思 います。 あいみょん:自分の好きな作品と関われるときに、その作品に対して「好きです」って言うのが当たり前になっちゃってるというか、「好きじゃないですけど、書きます」って言う人はいないじゃないですか?私は『クレヨンしんちゃん』がもともと大好きだったからこそ、「好き」っていう言葉がすごく安易に感じられちゃって、いかに「好き」っていう言葉を使わずに作品への愛を伝えるかを考えたときに、ちゃんと楽曲で私の愛をアピールしようと思ったんです。 なので、〈北千住駅のプラットホーム〉っていう、マニアックなところから始めました。 映画のサブタイトルが「新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~」だったので、そこからプロポーズの話を書こうと思ったんです。 もちろん、台本も読んだんですけど、もともと『クレヨンしんちゃん』が好きだったから、「新婚旅行」っていうキーワードだけでわりと書けたっていうのもあります。 ひろしの目線ではあるんですけど、「野原一家の誕生のお話」として書いてますね。 映画の舞台はオーストラリアだから、北千住駅で始まるのってどうかなとも思ったけど、私の『クレヨンしんちゃん』に対する想いを精一杯詰め込んだつもりです。 映画の主題歌ではあるんですけど、私の中でもうひとつの物語を作ったというか、ふたつ映画があると思ってほしいです。 あいみょん公式サイト 上記のコメントから作品に対する「好きの気持ち」を超える「愛して る」を楽曲で表現し伝えたいというアーティストの鏡たる思いを感じ れます。 一つの映画ですが今作を考察することで二つの映画を楽しめる仕掛け になっているんですね。 さっそく気になる歌詞の考察を始めていくことにしましょう。 タイトル『ハルノヒ』とは 漢字で表現すると「春の日」となります。 ここからすぐさま連想されるのはクレヨンしんちゃんの 舞台となる「春日部」だと思います。 春日部から二文字を取って春のナンバーとしたのでしょう。 恋の季節、また家族の温かさをイメージしやすくしたのも 理由かと筆者は考えます。 春は冬を越えた生命が芽吹く、また開花する季節です。 今作でも新たな夫婦や子供が誕生している点がリンクします。 またカタカナ表記が漢字表記より温かく丸みを帯びた印象を 与えていますね。 『ハルノヒ』歌詞の意味 二人を乗せた始発 北千住駅のプラットホーム 銀色の改札 思い出話と 想い出ふかし 腰掛けたベンチで 僕らは何も見えない 未来を誓い合った 歌詞冒頭の一行があいみょんさんまたクレヨン しんちゃんのファンを大いにざわつかせました。 というのも1998年10月10日放送「母ちゃんと いれかわっちゃったゾ2」や原作の数ページで しか得られないマニアックな情報を歌詞に取り 入れているからです。 北千住駅は決して目立つような駅ではないので すが今後、あいみょん効果で脚光を浴びる可能 性がありますね。 話しを元に戻しますが北千住駅は野原ひろしが みさえに「プロポーズ」した駅なのです。 歌詞ではその前後になされた出来事を書いてい るものと思われます。 「思い出話と 想い出ふかし」とは何でしょうか。 思い出と想い出は基本的には同じ意味であり用法 に大きな違いはありません。 しかし公的文章や新聞などではもっぱら思い出が 使用されており想い出が用いられることはありま せん。 一般的には思い出が広く使用されているようです。 しかし心に重点を置く場合や芸術的な分野に関して は想い出が選択される場合もあるようです。 つまり野原ひろしとみさえは一般的に思い出される ことや特に心に残った想い出を同時にベンチに座り 語り合っていたものと読み解きました。 「何も見えない未来」とは幸福か不幸か、子供のある なし、平穏な生活か波乱万丈な生活かなど不確定な要 素をはらんだ結婚のことを指しているのでしょう。 そうこの時にはアニメの主人公である「しんのすけ」 誕生すら彼らの知るところではありませんでした。 二人の突如、運行が決定した始発の電車は「結婚」と いう駅に向かって進んで行きました。 寄り添う長所 どんな未来が こちらを覗いてるかな 君の強さと僕の弱さをわけ合えば どんな凄いことが起きるかな? ほら もうこんなにも幸せ いつかはひとり いつかはふたり 大切を増やしていこう 二未だ見ぬ未来はどんな表情をしているの か二人は気になります。 幸福を暗示した未来であれば笑顔でこちら を見ているのでしょう。 しかし不幸を暗示した未来であれば眉間に シワを寄せて睨んでいるのかもしれません。 ひろしとみさえの二人の未来ですから当然 明るく幸福に満ちたものになるでしょうね。 この部分の歌詞ではお互いの長所が記され います。 「君の強さ」とはみさえの勝気で積極的な 性格のことでしょう。 「僕の弱さ」とは普段は軟弱そうに見える が時としてすべてを許し優しくしてしまう 性格のことでしょう。 それぞれが混ぜ合わさるとき二人の将来は 春の季節に指す心地よい木漏れ日のように なるに違いありません。 そして幸せを増やしていくことに言及して 「いつかはひとり ふたり」とは子供のこ とを指しているに違いありません。 そう、将来的に誕生する「しんのすけ」と 「ひまわり」のことに触れていると筆者は 感じました。 本心との初対面 藍色のスカート いつになく遠く遠くに見える 加速する足音 素直じゃないと いけないような気がしたよ 優しさに甘えすぎて 怯えすぎた男の背中に 掌を添えてくれるのはもう 前を歩く君じゃなきゃダメだから 「藍色のスカート」とは当時みさえが履いていた スカートを指しているのでしょう。 みさえは普段決して奇抜で派手な色の服を着ませ ん。 そういう地味、よく言えば慎み深い所にひろしは 惹かれたのかもしれませんね。 「加速する足跡」とは意を決して結婚を申し込む という決定を心が急がせる様子を暗示しているよ うに思えました。 ひろしの中ではみさえの「ある程度の優しさ」で 満足するべきなのかという思いもあったようです。 それでも将来に怯えすぎた自分の背中を彼女以外 のだれも今後押してはくれないとも思っていました。 「前を歩く君」とはみさえがいつも先頭切って行動 してくれる逞しさに言及しているのだと解釈できま す。 ひろしは自分の中の数少ない勇気と大胆さを総動員 してみさえに思いを伝えたことでしょう。 そうした誠心誠意がみさえの心を鷲掴みにしたに違 いありません。 駅のホームには一輪の花も見当たりません。 しかしこの日ばかりは美しくもけなげに咲く二輪の 花と春の日の温かさがホームに満ちていました。 まとめ いかがだったでしょうか。 野原ひろしとみさえの純愛、そして将来生まれる新たな 命への愛、その温度が歌詞に触れる度に伝わって来たに 違いありません。 映画及び今作が多くのリスナーから注目され愛されること を願っています。 あいみょんさんの次回作と今後の活動に期待し注目してい きたいと思います。

次の