コロナ禍 読み方は。 コロナ禍の意味と読み方、似ている漢字の使い方│タメマガ

【難読漢字】コロナ禍が読めても…虎列剌は何だ?

コロナ禍 読み方は

この記事で分かること• コロナ禍とは コロナ禍とは、新型コロナウイルスが招いた危機的、災厄的な状況をさす言葉です。 2020年5月現在、感染防止のための自粛の影響もあり、新型コロナウイルスはイベントの自粛、株価の急落、消費の低下、収入の減少、失業者の増加など、社会各方面に様々な影響を与えています。 また、時差通勤やテレワーク、商店の休業や営業時間短縮、臨時休校など、コロナ禍によって私たちの日常は大きく変わりつつあります。 コロナ禍の由来 「禍」という漢字には以下の意味があり、コロナ禍という言葉の由来になっています。 よくないこと• 悪いこと• また日本の古典でもしばしば用いられており、平安時代後期に成立したとされる「大鏡」には、以下のような詩が読まれています。 「ものの音調子吹き出づる程に、『禍かな、あれは舞はじ』とて」 訳:楽器の音調子を合わせだすころに、「いやなことだなあ、僕は舞うつもりはない」と言って。 出典: コロナ禍の使い方 コロナ禍の使い方には以下のようなものが挙げられます。 コロナ禍は受験生にも大きな影響を与えている。 コロナ禍により学校に行くことができない現在、多くの受験生は勉強や受験への不安を抱えているのではないでしょうか。 コロナ禍により客足が激減し、閉店を余儀なくされたレストラン。 個人経営の店舗など、コロナにより客足が減って資金繰りが難しくなり、閉店に追い込まれたお店は数多くあります。 コロナ禍と関係する難読漢字 ここからはコロナ禍と関わりのある2つの難読漢字をご紹介します。 冠状病毒 冠状病毒は中国語で「コロナウイルス」と読み、冠状が「コロナ」、病毒が「ウイルス」に相当します。 日本ではあまり使われませんが、中国では一般的に使用される熟語です。 冠状がコロナを表す理由 コロナとは、ラテン語で王冠や太陽の周りの光状の輪を指します。 駱駝 駱駝は動物の「ラクダ」を指します。 ラクダはサウジアラビアで発生し2015年に韓国でアウトブレイクした感染症であるMERS(中東呼吸器症候群)の感染源となった動物です。 2020年現在、厚生労働省は中東地域においてラクダと接触したり、を行っています。 不安を抱える全ての方に。 コロナ助け合い保険 「禍」に似ている様々な漢字 「禍」と似ている漢字をいくつか紹介していきます。 蝸 読み方は「かたつむり」「にな」「か」などです。 かたつむりは蝸牛と書きます。 蝸の意味• かたつむり• でんでん虫• にな 中国語での使い方 蜗牛(かたつむり)は、中国語からそのまま由来しています。 例)孩子们都喜欢蜗牛:子供たちはみなカタツムリが好きだ また中国明朝時代の小説集『二刻拍案惊奇』には、という四字熟語が出てきます。 「蝸角」とはかたつむりの角を指しています。 かたつむりの角のように小さく、左右にある国同士が小さな領土を奪い合う争いをしたという故事にちなみ、取るに足らない小さな争いという意味で使われます。 咼 読み方は「か」です。 日本語ではほとんど用いられません。 咼の語源 咼の語源は諸説ありますが、『』(東京堂出版)によると、穴にはまり込む関節の骨を描いた図形を表しています。 咼の意味• よこしま• 口が歪む 咼の中国語での使い方 中国では姓として用いることが稀にあります。 例)呙先生是我的女朋友:呙さんは私の彼女です 媧 読み方は「か」です。 日本語ではほとんど用いられません。 中国語での使い方 女娲忽然醒来了:女娲は突然目を覚ました(出典:) この一節は近代中国を代表する作家である魯迅が著作した小説、故事新編の「」という話の冒頭の一行です。 堝 読み方は「か」「るつぼ」です。 堝の意味 るつぼとは、金属を溶かすために使う器のことです。 堝の使い方 元来の意味が転じて、様々な物が混ざり合い、渦巻いている様子を形容する表現として用いられます。 例えば多種多様な民族が混在して暮らしている都市を形容するときには、人種の坩堝(るつぼ)という表現を用います。 単一民族国家である日本とは対照的に、アジア系・アフリカ系・ヒスパニック系などが混在して暮らしているアメリカは、人種の坩堝の代表格と言えます。 窩 読み方は「か」「あな」「むろ」「いわや」「かくす」などです。 日本語ではほとんど用いられません。 中国語での窩の使い方• (昆虫の)巣 例)我在校园里发现了一个蜂窝:私はキャンパス内で蜂の巣を見つけた• (悪人の)根城 例)小偷们的窝被警察发现了:泥棒たちの根城は警察により発見された• (犯人などを人に見られないように かくまう 例)家里窝着一个逃犯:家に逃亡中の犯人をかくまっている 渦 読み方は「か」「うず」などです。 渦の意味• などが向かってながら、い回っている状態• 入り乱れた、目まぐるしい動き 渦の使い方 鳴門の渦潮、興奮の渦、紛争の渦に巻き込まれる、など渦は日常表現でもしばしば用いられる漢字です。 コロナ禍の「禍」がしめすへんではなく、さんずいの漢字が「渦」です。 おわりに コロナ禍の読み方や読み間違いしやすい文字について解説しました。 新型コロナウイルス助成金・給付金一覧 新型コロナウイルスに関連した助成金・給付金一覧をまとめて記事にしました。 不安を抱える全ての方に。 コロナ助け合い保険 コロナ助け合い保険とは 不安を抱える全ての方に、我々の生活を守ってくださる方に、そして全てのみなさまへ、です。 ケガまたは病気で1泊2日以上の入院をしたとき給付金10万円を受け取れます 新型コロナウイルス感染症の罹患の有無にかかわらず、1泊2日以上の入院をしたときに10万円の給付金を受け取ることができます。 新型コロナウイルス罹患時の自宅療養にも対応 医療機関の事情により1泊2日以上の入院が必要にもかかわらず、臨時施設(病院と同等とみなせる施設)または宿泊施設や自宅で療養し、医師の治療を受けている場合等も、医師の証明書等をご提出いただくことで入院一時金の支払対象となります。 安価な保険料でクレカ決済完了後すぐに保障開始 年齢・性別により月々510円からの保険料で加入できます。 お申込み後すぐに当月分の保険料のお引き落としを行い、決済が完了しましたらご契約が開始します。

次の

コロナ禍の読み方はなんと読む?今さら聞けない正しい読み方

コロナ禍 読み方は

新型コロナウイルスの感染が各国で拡大し、人々の生活に深刻な影響が出ています。 訓読みの方をチェックすると、こちらの漢字に含まれる意味が、ストレートに理解できますよね。 つまり端的に言ってしまえば、かなりネガティブな意味を持った漢字というわけです。 それでは続いて、「禍」を含む表現について見ていきましょう。 特に馴染みが深いのは、 「禍福は糾える縄の如し」ということわざでしょうか。 これは中国の史記・南越列伝に由来するもので、「かふくはあざなえるなわのごとし」と読み、「災いと幸福は表裏一体で、まるでより合わせた縄のように代わるがわるやって来るものだ(=不幸だと思ったことが幸福に転じたり、幸福だと思っていたことが不幸に転じたりする)」との意味合いで用いられます。 ちなみに私個人はコロナ禍という表現を初めて耳にしたとき、一番に「武韋の禍」という言葉を連想しました。 スポンサーリンク? 「コロナ禍」の読み方や意味をチェック! 以上のような点を押さえておけば理解しやすいかと思いますが、コロナ禍は 「ころなか」とよみ、 「新型コロナウイルスによってもたらされた、様々な災いや社会的混乱」のことを意味しています。 これだけ影響が大きく多方面にわたっているので、「禍」という表現がピッタリと判断されたのでしょうし、また一言で一連の混乱を端的に表現できるワードとして、重宝されるに至ったのでしょう。 といっても「禍」が近年のニュースに登場するのはこれが初めてではなく、「インフルエンザ禍(いんふるえんざか)」等の言い回しが見受けられるケースもありますね。 コロナの専売特許ではなく、割と汎用性の高い表現ということです。 もう少し分かりやすい表現を使ってほしい」といったコメントが幾つも寄せられています。 説明を聞けばなるほどという感じですが、当然のように使われると、少々戸惑ってしまいますね^^; スポンサーリンク?

次の

コロナ禍の読み方はなんと読む?今さら聞けない正しい読み方

コロナ禍 読み方は

虫へんですが、昆虫ではありませんでしたね。 今回は、新型コロナウイルスに関連した漢字をご紹介してきました。 先が見えず、つらい状況が続いていますが、「禍」にまつわるこんなことわざはご存じでしょうか。 「禍も三年経てば用に立つ」(わざわいもさんねんたてばようにたつ) たとえ災害でも、ときが経てば何かの役に立つ。 何事も役に立たないものはない。 といった意味。 たとえば、経済活動が一時的に停止したことで大気汚染が改善した地域もあるという話ですし、2020年はもしかしたら、「地球温暖化をくいとめた年」だったり、リモートワークや時差通勤が進んだりことで「ワークスタイルの変革年」だっなんて歴史に残るかもしれませんね。 もうひとつ。 「禍を転じて福となす」(わざわいをてんじてふくとなす) 災難が一転して幸福の種となること。 コロナ禍もいつか、転じて福となる日が来ることを祈りたいですね。

次の