トリガー ポイント 注射 と は。 トリガーポイント注射の効能、実際の効果時間、いつ頃から効き...

肩の痛み・腰痛・膝の痛み(トリガーポイント注射)/腱鞘炎外来|春日駅前あべファミリークリニック|内科 脳外科 整形外科【公式】文京区 後楽園駅1分

トリガー ポイント 注射 と は

この記事の目次• 腰痛、肩こり、下半身の痛みに対するいろいろな対処法 トリガーポイント注射 トリガーとは聞いたことがあるかもしれませんが、ピストルの引き金ということです。 その引き金となる場所の影響で、離れたところで痛みが起こるということで名付けられています。 腰、肩、背の痛み、その他にも坐骨神経痛などの神経痛や年を取ることにより、筋肉が衰えたり、疲れが溜まったりすると、痛みや固さ、だるさなどの症状が起きやすくなります。 ところが、病院に行ってレントゲンやMRIなどで検査しても骨に異常はなかったりすることがよくあります。 このような場合は、おそらく筋肉の疲れや強張りといって固くなっていることがほとんどです。 これを専門用語で、筋膜性疼痛症候群といい、今回のトリガーポイント注射の対症法に適していると考えられます。 それらの症状が現れた時に、このトリガーポイント注射をすることにより、嘘のように良くなるケースがあるのです。 実際には一回の注射で症状が軽くなるケースもあれば、何回か注射することで改善されるという、人によって個人差はあります。 ですが、これは慢性の身体の不調や痛みを改善するには有効な方法の一つです。 神経ブロック療法 痛みを感じているあたりの神経に注射をして、一時的に麻痺させ、痛みを取りながら治癒させるのが、神経ブロック療法であり、一方のトリガーポイント注射は、筋肉のコリ部分に注射をすることで、痛みを解消する方法です。 つまり、痛みを麻痺によって鎮痛させるか、コリをなくすかという方法であり、病院ではその両方の治療を行っているところがほとんどですが、それぞれ方法が違います。 鍼療法 他の療法と鍼との違いは、鍼は痛みの患部とその周辺に打って血行を良くし、改善する方法です。 トリガーポイント注射は痛みを引き起こしていると思われる場所への注射です。 そして、ブロック療法は、患部に注射して痛みを麻痺させるという、痛いところに直接打つ打たないとの差が、その違いです。 マッサージ 肩痛、腰痛などでよくマッサージで対処する人もいます。 これは、普段はそのような痛みを感じていない人が、その時に仕事や慣れない動きを長時間に渡り行った際にはよいと思います。 ですが、慢性の痛みなどには効きにくいのが難点です。 その他、効果が認められる時は、癒しの部分も含まれていると思います。 実際、マッサージを受けると、気分的に落ち着くことが大きく作用していると思います。 トリガーポイント注射の治療法 特徴 この痛みを引き起こしている症状を筋膜性疼痛症候群といいます。 馴染みはあまりありませんが、日本では「筋痛症」と一般的に言われています。 トリガーポイントが起こりやすい場所というのは、骨に筋肉が付着しているところや、筋肉と筋肉が付着する部分などです。 この部分を筋膜というのですが、この付着を取り除くことが目的となります。 痛みを引き起こしている場所の基となる部分に注射をすることにより、慢性化している筋肉のコリを取ったり、筋肉同士の付着を剥がすことがトリガーポイント注射です。 つまり、直接痛い場所に打つものではないというのが、非常に特徴的です。 また、保険が適用されますので、安心して受診できます。 注射 注射の内容は痛みをとる、コリをほぐす際には、麻酔薬が使われます。 そして、血行を良くしたり、筋肉の緊張をほぐします。 また、痛みの根源となっている筋肉に注射することで、痛みを解消します。 さらに、筋肉の付着に関しては、生理食塩水を注射します。 この付着を取り除くことにより、筋肉がスムーズに動くようになるのです。 効果 ほとんどが、1回の注射でよくなることが多いようですが、場合によっては何回か注射することが必要な場合もあるようです。 副作用 今のところ、副作用は一切ないということです。 まれに副作用とは関係ないですが、注射の際に内出血をすることがあるようです。 もし神経痛という医師の判断が出ていても、実はトリガーポイントが原因だったということがかなりあります。 副作用がなく、保険も適用されるということであれば、試してみることもいいのではないかと思います。 トリガーポイント注射はどのような症状に効くのか? 腰痛 一番受診する人が多いのが、腰痛です。 この腰痛はいろいろな原因があり、トリガーポイント注射での対応が適しているかどうかもきちんと検査をしてからでないと、効果が期待できない場合があります。 整形外科で、MRIやレントゲン撮影をし、骨に異常がないのに痛みがひどい場合は、この筋膜性疼痛症候群を疑って、トリガーポイント注射を行うことが効果が高いかと思います。 変形性頚椎症 この筋肉は首の横にあり、頭、首、肩へとつながっています。 長い時間、事務的作業をしたことなどにより、筋肉が凝り固まっている状態です。 最近では同じ姿勢でスマホやパソコンを使っている場合が原因となっています。 そのような行為が引き金となり、首も含めて肩痛、背中の痛みも感じることがあります。 また、年齢的に、身体のあらゆる部分の水分が不足し、固くなってきます。 通常ですと、筋肉をほぐしたり、軽い運動を行っていれば、疼痛も起きないのですが、負荷がかかる状態が習慣化してしまうと、激しい痛みを感じるようになります。 このような場合も、トリガーポイント注射が適切かと思われます。 肩こり 一般的な肩こりを始め、俗にいう五十肩などにお効果を発揮します。 肩こりというのは、あまり動かさない状態の時に、血流が悪くなり、その部分に老廃物や乳酸などが溜まり筋肉が強張ります。 それがやがて痛みへとつながってしまうのです この五十肩も同様で、年を取ることにより、普通にしていても筋肉が強張ります。 これは普通の肩こりと違い、激痛が走ります。 腕も上げられないほどの痛みだということです。 普段から肩の筋肉を適度に動かしていれば、おそらくならないと思われますが、その大体は動かさないことが原因であることが多いとのことです。 そして、これはある日突然来ます。 また、トリガーポイント注射で血流を良くして、一時は良くなりますが、根本的に原因を追求しなければ、同じような症状に見舞われることがあります。 根本的な原因とは、例えば肩が凝るような仕事だとか、長時間変わらない姿勢でいることなどです。 つまり生活のスタイルや自分の姿勢などの癖が原因となっているケースがほとんどです。 そのようなことを防ぐためにも、30分とか1時間おきに肩をぐるぐる回るなど、動かして血行をよくするようにしてください。 そうすれば、再び肩こりが起こる可能性は減っていきます。 下半身のしびれ 腰と足をつなげている股関節が痛むと、その影響で下半身が痛んだりしびれたりすることもあります。 これも普段から動かしていたり、運動を行っていれば、問題はないと思います。 特にこれといった、原因が見当たらない場合は、年齢的ないことも考慮し、トリガーポイントに影響があると考えてもいいかも知れません。 この場合の目安として、身体の柔軟性が失われてきているタイミングで起こることが多いようです。 三叉神経痛 三叉とは顔にある神経をいいます。 物を噛んだり、表情を表したりする時に主に使われる神経で、顔に強い痛みを感じますが、大体が一瞬にして治まる傾向が強いとのことです。 つまり、数秒ぐらいの痛みで、5分とか長く痛みを感じ続けることはありません。 これもトリガーポイント注射が有効であることが証明されています。 肋間神経痛 胸のあばら骨近辺にこの肋間神経痛で痛みを感じることもあります。 今までの原因としては、あまりはっきりしていませんでしたが、猫背で胸の筋肉に負荷がかかっているとか、さきほどの頚椎症に連鎖して痛みを引き起こすこともあります。 肋間の神経はあばらを中心にして左右にあるのですが、たいていはどちらか一方に痛みが発症するケースがほとんどで、肺や心臓が痛みと感じることもあります。 咳をしたり、呼吸が荒くなる状態になると、痛みを感じることもありますが、常時痛みを感じる訳でもなく、時折チクチクと痛みだします。 坐骨神経痛 腰の横に位置する小殿筋の痛みが引き金となり、坐骨神経痛に似た症状を起こすことがあります。 小殿筋はおしりの筋肉で、ここに負荷がかかっていることによります。 坐骨神経痛と診断されても、実際には似た症状ということで、トリガーポイント注射をすることにより、改善することがあります。 坐骨神経痛はかなりの人が苦しんでいるものでもあり、一度トリガーポイント注射を試してみるのもいいかもしれません。 心臓神経痛 肋間神経痛とは別に胸が痛むとか、息切れ、めまいなどを引き起こしている時に心臓を検査することがあると思います。 それでも心臓に異常がない場合は、心臓神経痛として対応したほうがいいかもしれません。 この場合は、胸の筋肉などが対象となりますが、まれに心臓ではなく、肩や胸の筋肉が痛みを引き起こしていうるということもあります。 テニス肘 テニスをする時に負荷がかかり、それが継続的であると、上腕の筋肉がトリガーポイントとなり、肘が痛み続けることがあります。 テニスをやめることにより、痛みは治まってくるとは思いますが、ほとんどの人は、テニスを継続しています。 トリガーポイントは少しずつの蓄積が原因となりますので、様子を見ながらのトリガーポイント注射が適しているかと思われます。 腱鞘炎 腱鞘炎というと、軽く感じる人も多いと思いますが、意外に発症すると相当な痛みとなるケースが多いとのことです。 特に、手や指を多く使う人やそのような職業の人に多く、家事や育児でもその影響を受けます。 日常的なものの影響を受けることが多いので、それを止めるということができないことが多いようです。 となると、早急に対応することが必要と思われます。 これをトリガーポイント注射で対応するとなると、大げさと考える人もいるかと思いますが、このようなものにこそ、有効であると考えられます。

次の

【医師監修】腰痛など慢性的な痛みの治療「トリガーポイント注射」の効果は?間隔の空け方は?

トリガー ポイント 注射 と は

トリガーポイント注射は「麻酔注入」のため、体にどのような副作用をもたらすか心配ですよね?ただ 「副作用はほとんどありません」と言うのが一般見解です。 もちろん、 副作用が絶対ないとは言い切れません。 実際、注射の刺激によって内出血を起こしたり、感染症やアレルギーを引き起こすケースがあります。 ただ、ひどい副作用が起こる確率は「0. 02%ほど」だと言われていますので、そこまで神経質になる必要もなく、 基本的には安全な治療と言えます。 しかし、 トリガーポイント注射は「直接的な副作用」よりも「間接的な副作用」の方が恐いのを、あなたは知っていますか? トリガーポイント注射を打った後に「症状が悪化」することがある?! トリガーポイント注射は、麻酔によって痛みを消す治療法です。 医師たちは「麻酔によって筋肉が柔らかくなって血行も良くなるので、その場しのぎの治療ではない」と言います。 しかし、 トリガーポイント注射が切れた途端に、施術前よりも痛みが悪化していることに気づくケースが多発しています。 その理由は簡単です。 一時的に痛みを消しても、患者さんの生活や姿勢の癖は同じだからです。 ところが痛みが消えるため、より無茶な負担をかけがちです。 医師が言うように、トリガーポイント注射には、筋肉の緩和や血行促進の効果はあります。 しかし、それは麻酔による「外からの働きかけ」にすぎません。 あなたの体そのものは何も変わっていないので、麻酔が切れると症状が悪化していたという「間接的な副作用」が最も危険です。 本来、筋肉の緩和や血行促進は「体の力」で行われるのですよ… あらゆる腰痛や首の痛みは、日々の生活によって負荷がかかり 「筋肉硬直」が起こることが原因です。 その結果、硬直した筋肉が結果を圧迫して血行不良になり、筋肉が冷えてますます固まる。 さらに筋肉が柔軟性を失えば、骨格が正常な位置に戻らなくなる…。 でもね、 本来このような筋肉硬直や血行不良は「体の自然治癒力」によって日々メンテナンスされているのです。 その自然治癒力が弱ったときに「症状」として表れるに過ぎない。 つまり、 あなたの体が持つ「自然治癒力」を活性化させて、症状をメンテナンスさせることが「最も安全で効果的な治療法」なのです。 また、これこそが 「完治」が期待できる 「根本的な治療法」でもあります。

次の

H25.2 「トリガーポイント注射」体験記

トリガー ポイント 注射 と は

慢性的な痛みの緩和に効くトリガーポイント注射の効果 重い腰痛や坐骨神経痛を改善する治療法の一つとして、トリガーポイント注射(正式名は「トリガーポイントブロック」という)と呼ばれるものがあります。 トリガーポイント注射とは、 トリガーポイント(圧痛点:押すと強く痛む部分)と呼ばれる腰や肩などで強く痛みを感じるポイントに、直接局所麻酔注射をすることで痛みを取く治療法のことです。 筋肉の反復性の運動・ストレス(使いすぎ)により、筋肉内に硬いしこりのようなものがある場合(緊張帯)など、さまざまな種類のトリガーポイントに対応しています。 トリガーポイント注射には、主に次の4つの効果があるといわれています。 筋肉の硬直をゆるめる• 発生した発痛物質を洗い流す• トリガーポイント注射に用いる注射針は約0. 3mmと極めて細いので、注射をする際に痛みはあまりありません。 用いる麻酔薬も一つのトリガーポイントに打つ量が1〜5mlと少量なので安全性が高く、妊婦や高齢者でも安心して使えます。 くり返し投与しても問題ない麻酔であると考えられています。 トリガーポイント注射が有効とされる痛み トリガーポイント注射は上述のように、筋肉や筋膜、神経に由来する痛みを抑える効果のある治療法です。 全身のさまざまな部位の痛みを抑えることができますが、 広く行われるのは首や肩、腰、膝などの慢性的で頑固な痛みに対してです。 これらの部位の痛みは、筋肉の血行が悪くなることなどによって痛みを引き起こす神経系に異常が生じるためと考えられています。 トリガーポイント注射では、 これらの異常が生じた部位に直接局所麻酔薬を注入することで神経系の異常な働きを抑える効果が期待でき、その結果、痛みが和らいでいくと考えられています。 また、首や肩などの整形外科的な領域だけでなく、お腹の手術の跡やがんによる痛みにも効果があるとされています。 トリガーポイント注射は何回受けられる? トリガーポイント注射療法は、直接的に疾病原因を治療するものではありません。 繰り返し注射することで痛みを除去できる可能性があります。 1回目の注射で痛みの改善がみられた場合は、その後は1週間に1回のペースでトリガーポイント注射を行いきます。 何回か注射するうちに徐々に痛みが治まってくるケースも多いといわれています。 トリガーポイント注射の流れ 実勢にトリガーポイント注射を行う際には、痛みのある部位に注射をしやすいよう医師の指示に従って座ったり、横になったりと体勢を整える必要があり、注射を打つ部位が決まったら、消毒をしたうえで局所麻酔薬の注射を行います。 トリガーポイント注射は通常の注射とほぼ変わらない方法で行われますが、打つ部位が深い場合は合併症を起こしやすいため注意が必要です。 また、針を刺すべき部位が特定しにくい場合は、超音波などで観察しながら注射を行うこともあります。 トリガーポイント注射は一度に複数個所行うこともできますが、局所麻酔薬を一度にたくさん投与すると、呼吸抑制などの副作用が現れることがあります。 決まった量以上の注射はできませんので、満足の行く結果が出ない場合も、後日改めて行うことになるのが一般的です。 注射を受けた当日はめまいや気分不良などを引き起こすことも多いためできるだけ安静にしておくようにしましょう。 また、場合によっては一時的に神経麻痺が起こることもありますので、注射を受けた当日の運転などは控える必要があります。 トリガーポイント注射と神経ブロック注射の違いは? 体の痛みに働きかける注射には、神経ブロック注射というものもあります。 トリガーポイント注射と神経ブロック注射には、下記のような違いがあります。 神経ブロック注射 末梢神経またはその周辺に薬剤を使用して、一時的に神経機能を停止させる治療法です。 鎮痛効果、血行改善、筋弛緩効果などが期待でき、痛みの悪循環の改善に役立つと考えられています。 また、神経ブロック注射は病変部位に限局して治療できる点も特徴です。 痛みを起こしている神経を一時的に遮断することで、その神経が痛みの発生に関与しているかどうかを判定する診断的ブロックとしての役割もあります。 トリガーポイント注射 トリガーポイント 痛みを強く感じる部分 に局所麻酔薬を注射針で注入し、痛みを取り除く治療法です。 局所麻酔剤で神経の痛みの伝達を遮断することで、一時的に神経を休める効果があるといわれています。 局所麻酔剤の効果持続時間は約1~2時間程度ですが、神経を一時的に休ませることにより「痛みの悪循環」と呼ばれる痛みを慢性化させる仕組みを断つことができると考えられています。 早く痛みを取りたい方、鎮痛剤、理学療法が効かない方に有効的とされる治療法です。 おわりに:痛みを軽減する方法の一つとしてトリガーポイント注射が検討されます トリガーポイント注射療法は、疾病の原因を直接的に治療するものではありませんが、繰り返し注射することで痛みを除去する効果が期待できます。 また、痛みをあまり感じずに治療が行えるのも特徴です。 肩凝りや腰痛で辛い思いをしている方はトリガーポイント注射を検討してみてはいかがでしょうか。

次の